離婚時の慰謝料と養育費 横浜の離婚弁護士 細江智洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

離婚時の慰謝料と養育費

 

離婚時には,様々な条件を決めることになります。

基本的には,弁護士がいてもいなくても変わりません。

PAK95_bie-nnanjyu500

離婚時の条件としては,慰謝料,親権,財産分与,養育費,,離婚までの間の婚姻費用,面会交流等があります。

今日はその中でも,慰謝料と養育費についてお話します。

 

慰謝料は,精神的苦痛に対する損害賠償のことで,代表的なものとしては不貞行為に基づくものや,暴力によるものがあります。

 

慰謝料は,特定の不貞行為,特定の暴力行為から生じる精神的苦痛に対するものと,離婚そのものについての慰謝料があります。

離婚そのものについての慰謝料とは,例えば,不貞行為,暴力行為等その他,婚姻が破綻に至った一連の経緯において,有責な配偶者に対する慰謝料請求です。

通常は個々の行為というよりは,婚姻中の様々な出来事を総括して,金額が決まることになります。

 

ところで,養育費とは,親の子に対する扶養義務から生じるものです。

 

そのため,有責な配偶者が親権者となって,養育費を請求してきた場合,たとえば不貞行為をした妻が親権者となった場合でも,夫は養育費を支払う義務があります。

不貞行為をした配偶者が親権者となったからといって,親の子に対する扶養義務に関しては何ら変わりはないからです。

横浜の離婚弁護士 細江智洋

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む