横浜の離婚弁護士 細江智洋 譲渡所得税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

横浜の離婚弁護士 細江智洋 譲渡所得税

前回は,離婚時の財産分与で,財産を「分けるひと」と「もらう人」では,税金のかかり方が違うというお話をしました。今回は,もう少し具体的に見ていこうと思います。

まず,「分ける人」についてです。
分かる人は,お金をもらうのではなく,相手にあげることになるのですが,譲渡所得税という税金が掛かります。
確定申告

え,なんで!?踏んだり蹴ったりじゃないか!と思われる方もいるかもしれません。

まず,譲渡所得税がかかる理由ですが,資産を持っている方は,その資産の価値が上がったときには,増えた価値の分だけ,利益を得ることになりますよね。例えば,2,000万円の価値の不動産が3,000万円に値上がりすれば,1,000万円分の増加益が生じるわけです。これを所得と考えます。

そして,その資産を他人に譲渡するということは,所得が,自分の手を離れて,他人に移ることになるので,その時点で,所得を清算して課税しましょう,ということです。
だから,有償・無償は関係なく,資産を移転する一切の行為は課税対象となる資産の譲渡とされています。

では財産分与は義務として払うのに,税金を払わなければいけないの?と思われるかもしれません。
しかし,財産分与義務の消滅自体が,一種の経済的利益といえるんだと,考えられています。
なんだかねー,,,という感じはしますが,そういうことなんです。

とにかく,「分ける人」にも譲渡所得税が掛かると覚えておいてください。

次回も引き続き財産分与時の課税についてお話します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

横浜の離婚弁護士 細江智洋

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む