親権と裁判 横浜の離婚弁護士 細江智洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

親権と裁判

 

離婚時に,未成年の子供がいる場合には,必ず親権者を決める必要があります。

赤ちゃん

協議離婚,調停離婚の場合には,当事者の話し合いで親権者を決めることになります。

話し合いで親権者が決まらない場合には,通常は離婚訴訟に移行し,離婚訴訟の判決で親権者も指定されます。

 

訴訟は話し合いではありませんので,夫婦各々の事情を考慮して,親権者としてどちらがふさわしいかを判断されます。

 

この親権者指定の基準は,概要は次の通りです。

1  乳幼児では,比較的母親が優先されます。
2 現在の監護状況に問題がなければ,現状維持の方向で考えられやすいです。
3 年齢によって程度は異なりますが,子の意思が尊重されます。
4 養育環境がどのようなものであるかは,重要です。
5 きょうだいは,なるべく一緒にしようという考慮が働きます。
6 面会交流についての考え方,態度も考慮されます。

横浜の離婚弁護士 細江智洋

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む