離婚調停と親権 横浜の離婚弁護士 細江智洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

離婚調停と親権

離婚に際して,協議によって離婚の合意ができない場合,あるいは離婚には合意しているのだけど,親権等の条件で折り合いが付かない場合には,家庭裁判所に離婚調停を申し立てることになります。

ANJ88_ookiiokuchidegohan500

 

離婚調停は,あくまでも調停員を介した話し合いですので,合意ができなければ,成立しません。

 

もっとも,離婚調停は第三者を介した話し合いですので,当事者間だけの話し合いである離婚協議の場合よりは,冷静な話し合いが期待でき,離婚条件についての歩み寄りが実現できる場合もあります。

 

親権についても,離婚協議において話し合いが進まない場合には,調停で話し合うことになります。

 

もちろん離婚調停でも話し合いによる解決ですので,親権についてお互いに一歩も譲らないという場合には,通常は離婚調停は成立せず,あとは訴訟で決着を付けることになります。

 

一般に,別居中の夫婦間において,母親が未成年の子供たちを現に監護しているような状況で,母親に特段問題がみられないような場合には,親権者は母親とされる可能性が非常に高いといえます。

 

そのような場合に,あえて離婚調停で父親が親権にこだわるかどうかは,他の条件等との兼ね合いで判断することが多いと思います。

 

横浜の離婚弁護士 細江智洋

 

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む