横浜の離婚弁護士 細江智洋 親権 未成年後見人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

親権 未成年後見人

親権とは,未成年者に対する身上監護権と財産管理権を内容とします。

身上監護権は,簡単にいえば,一緒に住んで面倒を見ることです。

財産管理権は,その名のとおり,財産を管理することです。

 

赤ちゃん

 

親権は,婚姻中は共同親権,つまり両親がともに親権を行使することになりますが,離婚するときには,父母の一方が親権者という単独親権になります。

では,両親が亡くなった場合など,親権を行使する人がいなくなったときには,どうなるのでしょうか。

このような場合には,未成年後見という制度があります。

両親がなくなってしまったその子本人や,親族,その他の利害関係人の請求により,家庭裁判所が未成年後見人を選任するというものです。

実は,未成年後見人は親権者ではありません。もっとも,未成年者の身上監護に関する事項について,親権者と同一の権利義務を持ち,かつ財産管理権について同じような権限を持っています。

なぜ,財産管理権については「同じような」権限を持っているというような歯切れの悪い説明かというと,未成年後見人の場合は,あくまでも親権者ではありませんので,実は親権者よりも,より慎重に財産を管理しなければならないとされているからです。同じではないのです。

横浜の離婚弁護士

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む