離婚原因 離婚相談弁護士横浜 細江智洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 離婚原因

 

離婚をする際に,話し合いでは離婚が成立しない場合には,家庭裁判所で離婚調停をした後に,最終的には離婚訴訟で離婚の可否を決することになります。

gavel_2952313

離婚訴訟では,当事者の合意がなくでも判決で離婚が決まりますが,法律上,離婚が認められる要件(条件)が決められています。

一般に「離婚原因」と呼んでいますが,民法770条1項では,次のように定められています。

1号 配偶者に不貞な行為があったとき

2号 配偶者から悪意で遺棄されたとき

3号 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき

4号 配偶者が強度の精神病にかかり,回復の見込みがないとき

5号 その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき

法律上定められている離婚原因は以上で全てとなります。

例えば,性行為の拒否とか,暴力があったときなどは,5号の婚姻を継続しがたい重大な事由の有無の問題となります。

多くの場合は,婚姻中の様々な有責性のある出来事を総合的に判断し,「婚姻を継続しがたい重大な事由」があるかどうか,が判断されています。

離婚相談弁護士横浜 細江智洋

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む