離婚における弁護 横浜の離婚弁護士 細江智洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

離婚における弁護

 

離婚事件において,弁護士に依頼するとどのような弁護を受けられるのでしょうか。

lawyers_2140579

離婚事件の大まかな流れは,離婚協議 → 離婚調停 → 離婚訴訟 です。

それぞれの段階における弁護を説明します。

まず,離婚協議の段階ですが,弁護士に依頼をすると,弁護士が代理人として,交渉窓口になります。

依頼者の方と打ち合わせをしながら,相手方と面談,電話,書面等で,相手方と離婚及び離婚条件について話しを進めて行きます。

双方に代理人がつけば,代理人同士で離婚協議を進めていきます。

もっとも,そもそも離婚自体に争いがある場合や,親権等の条件でおりあえない,あるいは相手方が不当な主張ばかりして話ができない,代理人に対しても不適切な言動が多いような場合には,協議離婚は進められません。

次に,家庭裁判所に調停を申し立てた場合ですが,申立前から代理人に依頼をしていれば,弁護士が調停申立てから手続きを行うことになります。

ご自身で調停を申し立てた場合には,途中から弁護士に依頼することもできます。

調停段階も話し合いですが,離婚条件を検討し,訴訟を見据えた上で戦略を練り,ご相談をしながら進めます。

当然,調停当日も,弁護士が一緒に出席し,調停における話し合いでも,サポートをすることになります。

そして,調停でもまとまらない場合には,訴訟になります。

訴訟を提起する側,された側,いずれも代理人を選任することで,法的手続きを原則として全てご本人の代わりにすることになります。

訴訟は,尋問等を除き,原則として代理人だけが出席をして進めていきます。

少なくとも,訴訟段階では,弁護士による弁護は必須と言っていいと思います。

離婚協議,離婚調停段階でも,弁護を依頼するメリットは大きいです。

横浜の離婚弁護士 細江智洋

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む