弁護士と臨む調停 横浜の離婚弁護士 細江智洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

弁護士と臨む調停

離婚をする場合,まずは離婚協議から始まり,当事者間で話し合いが成立しない場合には,家庭裁判所に離婚調停を申し立てて,離婚についての話し合いをします。

law-education-series_268916

離婚は,合意ができなければ,最終的には離婚訴訟で決することになりますが,調停前置主義といって,離婚訴訟を提起するまえに,まず家庭裁判所で調停を申し立てておく必要があります。

そのため,協議離婚が成立しない限り,離婚に際しては原則として離婚調停を申し立てることになります。

さて,法律手続きは,ご本人であれば訴訟等,どのような手続きもできます。

弁護士は常に代理人です。

もっとも,訴訟など,専門知識が前提となって動きますので,通常は弁護士を選任するすることなります。

離婚調停は,話し合いという側面が強いため,訴訟に比べて弁護士を選任することは少ないです。

しかし,基本的に調停委員等は,当然ながら当事者のどちらかに肩入れすることはなく,法律的なアドバイスも原則としてしません。

もちろん,これくらいの収入ならば,通常は養育費はこれくらいだ,という程度の話はしてくれますが。

そのため,ケースバイケースですが,調停段階でも,弁護士が代理人である方が,離婚調停を進めやすいといってよいと思います。

また,緊張や,うまく調停委員に言いたいことを話せていないときに,同席している弁護士が客観的に聞いていて,適宜補充することもできます。

弁護士と調停に臨む,というのも一つの選択肢です。

横浜の離婚弁護士 細江智洋

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む