離婚のhouritu 横浜の離婚弁護士 細江智洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

離婚のhouritu

離婚時には,親権,養育費,慰謝料,別居後離婚成立までの婚姻費用,年金分割,面会交流等,様々な条件を決めることになります。

これらは,すべて法律によって根拠付けられています。

law-education-series-3-68918-m

一つ一つの法律を弁護士のように理解する必要はありませんが,結果として法律によって根拠付けられている様々な条件について,離婚時には決める必要があります。

 

また,そもそも離婚することができるかどうかについても,法律が深くかかわってきます。

 

まず,離婚は協議又は調停において,合意ができれば,どのような理由であっても,離婚が成立します。

なお,離婚調停も,調停委員を介した話し合いです。

 

当事者間での協議離婚が成立しない場合には,家庭裁判所に離婚調停を申し立てる必要があります。

 

離婚調停も成立しない場合には,離婚を求める側が,家庭裁判所に離婚訴訟を提起します。

 

訴訟では,合意がなくても,裁判官が当事者の主張立証に基づいて,離婚の有無,離婚する場合にはその条件を決めます。

 

このときに離婚が認められるかどうかは,法律で決められた要件を満たすかどうかできまります。

もちろん,法律上の要件は「婚姻を継続しがたい重大な事由」というように,抽象的な要件ですので,具体的には,過去で問題となった事例(裁判例)を参考にする必要があります。

横浜の離婚弁護士 細江智洋

 

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む