弁護士の仕事 横浜の離婚弁護士 細江智洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

弁護士の仕事

離婚で弁護士に依頼をされる場合,弁護士はどのような仕事をしてくれるのでしょうか。

blending-with-the-sky_2589707

基本的に,弁護士に依頼をされるということは,離婚請求事件について,弁護士を代理人に選任するということです。

そのため,その後は,弁護士が依頼者に代理にして諸手続きをすることになります。

 

まず,離婚協議段階では,弁護士が交渉窓口になり,相手方又は相手方代理人と直接やり取りをして,離婚協議を進めます。

 

もっとも,離婚協議と言っても,離婚を拒否している相手では,そもそも進みませんので,その場合には,離婚調停を申し立てることになります。

離婚調停の際にも,弁護士が代理人として家庭裁判所に申立てをして,裁判所とのやり取り等は全て代理人弁護士がやることになります。

そのため,平日お仕事でご自身で手続きをすることが難しい方などでも,手続きをスムーズに進めることができます。

もっとも,離婚調停の場合,離婚調停の当日は,平日ですが,ご本人に出席していただく必要があります。

 

離婚調停もあくまでも話し合いですから,離婚調停で離婚の合意ができない場合には,離婚訴訟を提起することになります。

 

この段階でも,訴状の作成から提出まで,全て代理人弁護士がすることになります。

もちろん,打ち合わせに基づいて,代理人では取得できない証拠等は,依頼者の方に取得していただく必要はあります。

離婚訴訟では,毎回の裁判は代理人弁護士だけが出席すれば足りますので,依頼者の方には,裁判上で和解を成立させる時か,証人尋問の際に裁判所にお越しいただくだけで,それ以外の場合には,全て弁護士が進めることになります。

横浜の離婚弁護士 細江智洋

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む