離婚調停における慰謝料請求 横浜の離婚弁護士 細江智洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

離婚調停における慰謝料請求

離婚時に,婚姻中の個々の不法行為や,離婚原因に関して有責な配偶者に対して,精神的苦痛の損害賠償として,慰謝料を請求することができます。

49cad23354bef871147702f5880a45c6_m

通常は,離婚協議,離婚調停,離婚訴訟の中で,慰謝料についても請求し,離婚成立時に,慰謝料についても合意又は判決により決まることになります。

離婚訴訟で判決になるときには,裁判所が慰謝料について判断することになるので,当事者間で慰謝料についての合意が成立させる必要はありませんが,その他の場合には,あくまでも話し合いに過ぎないため,合意が成立しない限り,慰謝料を現実に相手に払わせることはできないのです。

もっとも,訴訟も辞さない姿勢で臨む場合,訴訟であれば相当額の慰謝料が認められそうな場合に(例えば浮気が明らかなときなど),離婚調停の段階で慰謝料を争わないことはよくあります。

訴訟になればある程度の慰謝料が認められる可能性が高い場合に,わざわざ紛争を長引かせる必要もないため,離婚協議及び離婚調停の段階で一定の慰謝料支払い義務を認めることはあります。

このように,離婚調停における慰謝料請求は,離婚調停があくまでも当事者間での合意により成立するものであるために,慰謝料請求については難しい問題を抱えています。

横浜の離婚弁護士 細江智洋

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む