調停の終了(合意をする場合)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

調停で話し合われた結果,当事者の間で離婚をするかしないかに関わらず,何らかの合意をすることができた場合には,調停が成立し,終了します。
離婚をするのではなく,もう一度同居をして円満和合するとの結論になれば,その内容の調書が作成され,離婚の合意がされた場合には,離婚成立の調停調書が作成されることとなります。
その他,短期間の別居や,将来の離婚の予約,婚姻費用の分担の合意をすることもあります。
横浜の離婚弁護士 細江智洋

コメントを残す

*

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む