離婚調停の申立て方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

話し合いで離婚ができない場合には,相手方の住所地の家庭裁判所で調停を申し立てることとなります。
横浜市内の場合は,石川町駅から近いところに横浜家庭裁判所があります。
調停の申し立ては,家庭裁判所でも申立書を用意してありますので,だれでも簡単に申し立てることができます。
調停の申し立てに必要な印紙代は1200円です。そのほかに切手代等が別途かかります。
調停は,話し合いが原則ですから,必ずしも弁護士を代理とする必要はありません。ご自身でも可能です。
ただ,あまりに不利な条件等にならないように,一度は弁護士に相談して,一通りの説明を受けておくことをお勧めします。

横浜の離婚弁護士 細江智洋

コメントを残す

*

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む