協議離婚の成立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

協議離婚が有効に成立するためには,当事者間で,離婚意思が合致している必要があります。

離婚意思とは,離婚届出に向けられた意思であるとされています。この離婚意思は,離婚届出受理の時点で存在することが必要です。そのため,離婚届を作成した後に,離婚意思を撤回することも可能です。

その他,協議離婚が有効に成立するためには,戸籍法の定める方法によって届出をする必要があります。これは通常,役所に備え付けられた離婚届に必要事項を記入して提出することで問題ありません。

 

横浜の離婚弁護士 細江智洋

コメントを残す

*

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む