横浜の離婚弁護士 細江智洋 内縁関係の保護

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

内縁関係の保護

内縁関係は,基本的には,法律上の婚姻と同等の保護がされています。

PPS_kuro-ba-nouenokoibito500

内縁の配偶者が亡くなった場合に,その配偶者が借家の賃貸借契約をしていたような場合,内縁当事者は,賃貸人に対して,相続人の賃借権を援用して,住み続けることができます。

これはどういうことかというと,内縁の配偶者は基本的に相続人にはなりません。

建物を賃借する地位は,相続しますが,内縁の配偶者は,賃借人の地位を相続することはないのです。

しかし,実際に内縁関係を形成して夫婦生活を営んできたのに,一方の内縁配偶者が亡くなった途端に,追い出されることになるのは,あまりにも不都合ですよね。

そのため,判例により,残された内縁の配偶者は,亡くなった内縁の配偶者の賃借権を,相続人ではないのですが,援用できるとあされました。

なお,相続人がいない場合には,借地借家法36条により,内縁配偶者が賃借人の権利義務を承継することとされています。

また,内縁の配偶者は,法律上の婚姻に準ずるものとして保護を受けており,様々な社会立法においても,法的保護の対象となっています。

横浜の離婚弁護士 細江智洋

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む