横浜の離婚弁護士 細江智洋 内縁の効力について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

内縁の効力について

内縁とは,婚姻届を提出してはいないけれども,男女2人が婚姻の意思をもって,実際に夫婦生活を営んでいる関係のことをいいます。

内縁は,法律上の婚姻ではありませんが,実態としては夫婦であるといえますから,法律婚に準ずる保護がされています。

内縁関係が成立することによって,婚姻届や戸籍と不可分なもの以外は,法律婚と同様の効果が生じます。

MIYAKO85_kaigandekyakkya20140725500

 

まず,内縁の当事者は,法律上の夫婦と同じように,同居義務を負い,お互いに協力し,扶助する義務を負うことになります。

共同生活で生じる費用を分担することにもなります。

また,互いに貞操義務を負うことになります。法律婚ではないから,不貞行為にはならないということにはなりません。

第三者と肉体関係を持てば,不貞行為となります。

財産分与請求権もあります。

その他,日常家事債務の連帯債務を負うことになります。

これは,法律上の夫婦の間では,共同生活で日常的に様々な契約をすると思いますが,日常的な家事債務については,夫婦の連帯債務であるとされています。

このことは,内縁関係にも当てはまるとされています。

横浜の離婚弁護士 細江智洋

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む