内縁と婚姻の意思

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

内縁の成立要件には,当事者間の婚姻の意思と夫婦共同生活の存在が必要です。
そのうち,当事者間の婚姻の意思とは,社会観念に従い,客観的に夫婦とみられる生活共同体の創設を真に欲する効果意思であるとされています。たとえば,単なる愛人関係や,同棲関係などは,婚姻意思がないものとされます。
このような婚姻意思の存否は,実際には客観的な事情から判断されることになります。事実上の結婚式,通知,会社や役所への届出,相当期間夫婦として行動生活を続けていた事実など,です。
横浜の離婚弁護士 細江智洋

コメントを残す

*

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む