横浜の離婚弁護士 細江智洋 婚姻費用 審判前の保全処分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

婚姻費用 審判前の保全処分

別居している夫婦でも,一方が生活費が足りないような場合,他方が生活費を負担する義務を負います。

別居して住んでいる子供の養育費を含め,他方へ払う生活費を婚姻費用といいます。
衣食住,医療費,教育費などを含みます。

 

dream-city-house-architecture-vector_21-42603657

 
さて,婚姻費用の請求をする場合,相手が素直に払わない場合には,通常は調停を申し立てることになります。

調停で結論まで時間が掛かったり,調停は不成立となって審判をする場合,いきなり審判を申し立てる場合などに,結論が出るまでの間,全く生活費がないような場合に,仮に支払ってもらいたいときもありますよね。

そのような場合,調停前の仮の措置という方法もありますが,さらに強力なものとして,審判前の保全処分という手段があります。

生活費等を仮に払えとの仮の処分を求めるのです。

これは,執行力という効力があり,どういうことかというと,処分が出れば,直ちに相手の預金口座や,給料などを差し押さえたり,取り立てることができるのです。

横浜の離婚弁護士 細江智洋

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む