婚姻費用分担請求の調停

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

奥様からご主人に対して婚姻費用の分担を請求する場合には,調停の申立てと審判の申立ての2種類があります。
調停は,話し合いが基本ですから,相手方が話し合いをする余地があるような方であれば,調停の申し立てをすることとなります。
調停の申し立ては,相手方の住所地を管轄する家庭裁判所にするのが原則です。
調停で合意がされれば,調停の結果を記載した調書は確定審判と同一の効力を有し,相手方が調停の合意に反して支払わない場合には,相手方の預金や給料を差し押さえるなどの強制執行が可能です。
横浜の離婚弁護士 細江智洋

コメントを残す

*

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む