横浜の離婚弁護士 細江智洋 不貞相手への慰謝料請求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

不貞相手への慰謝料請求

離婚関係のご相談の中で,比較的多いご相談として,不貞行為の相手方への慰謝料請求をしたい,というものがあります。

 

MAX_sumahodon20141025170110500

 

ご主人または奥様の不貞行為の相手方に対して,不法行為に基づく損害賠償請求という法的構成で,慰謝料請求をすることが可能です。

ただ,不貞行為は,不貞をした配偶者(夫から見た妻,妻から見た夫のことです)と,不貞行為の相手方(愛人,彼女等)とで共同して他方の配偶者に対して不法行為を行ったということで,法的には共同不法行為となります。

つまり,不貞行為そのものによって精神的苦痛を受けることになりますので,浮気をした当事者二人が,共同して責任を負うことになるのです。

それはそうですよね。

愛人だけが悪いのではなくて,愛人と浮気をした夫または妻も悪いのです。

だから一緒に責任を負います。

連帯して責任を負うという意味ですが,例えば次のようになります。

仮に慰謝料請求権300万円が認められるとして,二人それぞれに300万円を請求自体はできますが,総額で300万円を超えることはできません。

ただ,請求された方は,自分は半分の150万円だけしか責任を負わないと反論はできません。

300万円の請求をされば,300万円を支払わなければなりません。

あとは,不貞をした二人の間で責任割合に応じて,調整することになります。

さて,重要な点として,離婚をしない場合には,不貞行為相手に慰謝料請求をしても低額になる傾向があります。

それはそうです。

不貞をした配偶者をある意味許して婚姻は続けるのですから,婚姻生活が破綻した場合に比べて,低額になります。

横浜の離婚弁護士 細江智洋

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む