横浜の離婚弁護士 細江智洋 子の氏の変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

子の氏の変更

離婚した場合,夫婦間では,婚姻によって氏を変更していた方は,元の氏に戻りますが,子の氏は当然には変更されず,何ら手続きをしなければ,元の戸籍に入ったままになります。

そのため,例えば結婚して夫の氏に変更した方が,離婚により子の親権者となった場合,子の氏は当然には変更されず,家庭裁判所に変更の申立てをする必要があります。

 

stone-judge_2778488

 

さて,離婚して親権者でない親の立場になると,そのままでは親権のない子は自分の戸籍に入ったままとなります。

そこで,親権者でない親は,この氏の変更の申立てができるかというと,それはできません。

そのため,親権者でない親としては,予め親権者とよく話し合って,子の氏の変更をしてもらっておかないと,再婚時にあわててしまうことになります。

なお,子は,親権者によって,氏の変更がされた場合には,成人になったときから1年以内に,役所に届出をすることで,元の氏に戻ることができます。

また,子は15歳以上であれば,自ら家庭裁判所に氏の変更の許可申立てをすることができます。

横浜の離婚弁護士 細江智洋

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む