横浜の離婚弁護士 細江智洋 子の氏の変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

子の氏の変更 制約できるか

離婚の際,未成年の子の親権者を決めることになりますが,子の氏は当然に変更はされません。離婚しても,そのままであれば父親の戸籍に入ったままです。

母親が親権者になり,子に母親と同じ姓に変えるためには,子の氏の変更の手続きが必要です。

子の氏の変更は,家庭裁判所で申し立てます。

judge_318-29050

さて,離婚時に,子の氏を変更することを制限することはできるのでしょうか。

お問い合わせにあるのは,親権者でない父親が,離婚後も姓は自分と同じものを名乗らせたい,そのような方法はないかというものです。

結論として,そのような方法はありません。

氏は,社会的に個人を識別し,また,家族を識別するためものであり当事者で自由に決めることはできません。

かつての家制度の下,氏は代々続く家の象徴であるという考えがありましたが,現在法律上は,氏は個人の識別情報です。

もちろん,氏が血のつながりや,家柄の象徴であることは社会的事実としてはありますが,法律上制度としてはないのです。

ですから,子の性を母親と同一にしたら離婚は無効だ!という約束をしても,何ら効力は認められません。

横浜の離婚弁護士 細江智洋

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む