横浜の離婚弁護士 細江智洋 財産分与と住宅ローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

財産分与と住宅ローン

住宅ローンがまだ残っている場合に,どのようにして財産分与時に清算をすればよいのでしょうか。

この疑問は,ご相談の中でも多いものです。

本日は,この点についてお話ししようと思います。

dream-city-house-architecture-vector_21-42603657

さて,ご夫婦がいずれもローン付きの住宅を要らないという場合には,その住宅を売却した上で,売却代金でローンを清算し,残額があれば,それを当事者間で分ける,という方法で清算ができます。

この場合には,いくらで売れるか,オーバーローンかどうかが問題となり,方針については,特段もめません。

しかし,どちらかが住宅を取得したいという場合は,いろいろと考える必要があります。

まず,名義人がそのまま住宅を取得し,ローンを払い続けるという場合,清算が必要になります。

すなわち,住宅については,時価から住宅ローン残高を差し引いた分が,財産分与により取得する価値といえます。

そうすると,残存価値が1000万円だとすると,その1000万円分の価値について,現金・預金の分配で考慮するなどして調整することになります。

ところで,名義人が住宅を取得する場合に,相手方が当面居住する必要がある場合には,賃借権を設定する場合もあります。

次に,住宅の名義人でない方が住宅を取得する場合ですが,取得する住宅の価値について清算する点は同様ですが,,住宅ローンの名義人をどうするかが問題となります。

通常,それまでの名義人が支払い能力が高いために,ローン債務者となっているはずで,取得する側が支払い能力が十分にない限り,金融機関は住宅ローンの契約の変更には応じないでしょう。

その場合,住宅ローンの名義人は当初の名義人のままに残して,名義人に払い続けてもらい,取得した側が毎月ローン名義人に,支払額に相当する金額を支払うという方法も一応あります。

この場合,協議離婚であれば,公正証書で取り決めをすることになります。

住宅ローン付不動産をお持ちの方は,弁護士にご相談ください。

横浜の離婚弁護士 細江智洋

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む