横浜の離婚弁護士 細江智洋 離婚時の財産分与

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

離婚時の財産分与

財産分与は,離婚後2年間のうちに,請求をすることができますが,通常は離婚時に財産分与についても決めることが多いといえます。

home-on-a-hand_318-36008

財産分与は,しばしば,離婚協議中に,駆け引きの材料になります。

財産分与がされないと離婚に応じない,あるいは,離婚してくれれば財産分与は求めない,などです。

財産分与は,離婚後の生活の保障にもかかわってきますので,非常に重要な争点になります。

もちろん,通常は,有責な配偶者に対して,離婚と財産分与を同時に求めることになると思います。

離婚,慰謝料,財産分与,養育費,親権,年金分割等は,通常は同時に申し立てます。

私が扱う中でも,離婚と同時に,財産分与等を同時に申し立てるケースが一番多いです。

訴訟提起をするときにも,通常は財産分与を同時に求めます。

訴訟で財産分与を求めた場合には,離婚に関する判決と同時に判断がされることになります。

横浜の離婚弁護士 細江智洋

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む