財産分与と贈与税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

離婚時に,離婚の一方当事者は,相手方に対して,財産分与請求をすることができます。
財産を無償で給付するともいえるので,贈与税が掛かるのではないか,という疑問が湧きます。
しかし,相続税法基本通達で「婚姻の取消し又は離婚による財産の分与によって取得した財産・・については、贈与により取得した財産とはならない・・ただし、その分与に係る財産の額が婚姻中の夫婦の協力によって得た財産の額その他一切の事情を考慮してもなお過当であると認められる場合における当該過当である部分又は離婚を手段として贈与税若しくは相続税のほ脱を図ると認められる場合・・、贈与によって取得した財産となる」とされています。
横浜の離婚弁護士 細江智洋

コメントを残す

*

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む