財産分与とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

財産分与とは,夫婦が婚姻期間中に協力して形成した財産を,離婚に際して分与することです。

特段の事情がなければ,原則として半分に分けられるのが一般的です。

財産分与には,3つの要素があります。①夫婦が共同して形成した財産を清算するという要素,②離婚後に生活に困窮してしまう他方に対して扶養するというう要素,③夫婦の婚姻生活を破綻に導いた有責配偶者に対する損害賠償を請求するという要素です。

民法は次のように定めています。

(財産分与)
第七百六十八条  協議上の離婚をした者の一方は、相手方に対して財産の分与を請求することができる。
 前項の規定による財産の分与について、当事者間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、当事者は、家庭裁判所に対して協議に代わる処分を請求することができる。ただし、離婚の時から二年を経過したときは、この限りでない。
 前項の場合には、家庭裁判所は、当事者双方がその協力によって得た財産の額その他一切の事情を考慮して、分与をさせるべきかどうか並びに分与の額及び方法を定める。
横浜の離婚弁護士 細江智洋

コメントを残す

*

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む