財産分与時の贈与税 離婚相談弁護士横浜 細江智洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

財産分与時の贈与税

 

離婚時の財産分与に際して,贈与税などの税金はかかるのでしょうか。

house-for-sale-1_21150732

まず,離婚によって財産分与を受ける方に関しては,原則として贈与による取得とはされず,贈与税はかかりません。

ただし,①分与された財産の額が婚姻中の夫婦の協力によって得た財産の額やその他すべての事情を考慮してもなお多過ぎる場合や,②離婚が贈与税や相続税を免れるために行われたと認められる場合は,贈与とみなされ,贈与税がかかります。

では,どのような場合に,①過当だとされるのでしょうか。

判例は,「財産分与としてどの程度財産を分与するかは,離婚に至る経緯,双方の資産状況,有責性,扶養の必要性等,それぞれの夫婦が置かれた立場,条件等により千差万別なのであり,平均的な金額と比較して高いからといって,一概に財産分与として不相当に高額であるとは言えない」としています。

そのため,例えば,通常に比較して著しく高額な財産分与を受けた場合であっても,分与する側が不貞をしていてそもそも離婚が認められない状況であったり,不動産は婚姻中に夫婦の協力で得られたものといえるなど,財産分与として高額である事情がある場合には,過当であるとは判断されないと考えられます。

また,②ほ脱を図るとは,贈与税がかからないことを利用して,無税で財産を移転させるためだけに離婚をし,財産分与後にすぐに再婚するような場合です。

常識的に考えて,このような脱法行為は許されないことは容易に理解できますね。

離婚相談弁護士横浜 細江智洋

 

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む