年金分割のための情報通知書 離婚相談弁護士横浜 細江智洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

年金分割のための情報通知書

年金分割をするに際しては,まず,分割の対象となる年金の情報を確認する必要があります。

例えば,結婚して半年でするような場合,年金分割をしても大きく変わらないということもあるでしょう。

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_m

そこで,最寄りの年金事務所に「年金分割のための情報提供請求書」というものを提出して,年金に関する情報が記載された「年金分割のための情報通知書」を取得することになります。

請求時には年金手帳や戸籍謄本等が必要になりますが,詳しくは最寄りの年金事務所で確認してください。

なお,上記請求時にに50歳以上の方であれば,年金分割を行う場合とそうでない場合の年金の見込み額を知ることができます。

さて,「年金分割のための情報通知書」には,夫婦それぞれの対象期間標準報酬総額,按分割合の範囲,対象期間等が記載されています。

この情報通知書は,協議離婚で年金分割を合意する場合はもちろん,家庭裁判所の離婚調停の中で年金分割を求める場合や,離婚訴訟に伴って年金分割を求める場合にも必要になります。

そのため,離婚に際しては,早めに一度取得してみるといいと思います。

離婚相談弁護士横浜 細江智洋

 

 

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む