別居中の生活費 婚姻費用の調停申立の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
別居中の生活費 

別居中の生活費

 

 

1、別居中の生活費 調停を申し立てる

 

別居中でも 生活費が必要で

もらえればいいですよね。

 

婚姻費用の調停申し立て をすることによって

別居中の生活費を請求できます。

 

別居中の生活費について

話し合いで決めることができない

又は相手が全く払ってくれないという場合は

婚姻費用の分担請求調停というものを

家庭裁判所に申立てることになります。

 

2、別居中の生活費 申し立てる場所

 

相手方が横浜市内に住んでいる場合は

横浜家庭裁判所(JR石川町駅最寄り)に申立てます。

 

申立書の記入見本は裁判所のホームページからダウンロードできます。

または家庭裁判所の受付窓口でもらうこともできます。

 

3、別居中の生活費 申立に必要な書類

 

申立に必要な書類は

 

・申立書一式

・戸籍謄本

・申し立てる方(あなた)の収入資料

(源泉徴収 票,確定申告書,給与明細,課税・非課税証明書)

・相手方の収入関係の書類

 

相手方の収入は,分からない場合もあると思います。

 

その場合は,調停手続きの中で

相手方に提示を求めるなどしますので

申立時にはなくても構いません。

 

4、別居中の生活費 申立にかかる費用

 

申立にかかる費用は

収入印紙代 12,00円

切手代       960円

(横浜家庭裁 判所の場合。

内訳は

100円×2枚

82円×8枚

10円×8枚

2円×10枚

1円×4枚

※時期によってかわりますのでご自身でご確認ください)

 

5、別居中の生活費 申立てのメリット

 

婚姻費用分担請求の調停は

話し合いをまず行います。

 

話し合いで決まらない場合は

裁判所が審判という手続きで金額を決めてくれます。

 

相手の方の資力によっては

回収が難しい場合もありますが

支払の義務は、早めに明確にしておくことをおすすめします。

 

あなたの人生の再出発をお手伝い!

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む