別居に必要な正当な理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

離婚に際しては,まずは別居をされたいと考える方が多いと思います。

実際,どんな理由であれ,まさに離婚をしたいと考えているまさにその人と,一緒に生活をすることは耐えられない,ということもありますよね。

では,別居とは法的にはどういうい意味があるのでしょうか。

1 同居義務

まず,夫婦は,原則として同居義務があり,法律で,「夫婦は同居し,互いに協力し,扶助しなければならない。」(民法752条)と定められています。

そのため,正当な理由がなくて,一方的に別居を強行したような場合には,夫婦の同居義務違反とされる可能性があります。

2 別居の正当な理由

別居について正当な理由があるのは,どのような場合でしょうか。

まず,当事者のお二人が,きちんと話し合って決めたような場合には,当然ながら正当な理由があり,同居義務違反とはなりません。

別居することを話し合った上で決めたのに,後から同居義務違反だと言っても,通用しない,ということですね。

それから,別居がやむを得ないと言えるような場合にも,正当な理由があるとされます。

例えば,仕事による単身赴任や,長期の入院などが挙げられます。

仮に正当な理由なく別居を強行すると,離婚を求められる一理由になる場合があります。

弁護士 細江智洋

【無料相談】離婚問題に悩んでいるあなたへ

人生の再出発をお手伝いします。

平日・土・日・祝祭日に
1時間の無料相談を行います。


無料相談に申込む